実家 点滴 寝る

解決策がみつからなかった

 

 

1番辛く悩んだことは、ほとんどの食べ物・飲み物を受け付けない吐きづわりだったことです。何を食べても気持ち悪くなってしまい、だんだん起きるだけで吐いてしまうようになりました。早い段階で仕事も辞める選択をしなければならなかったのも辛かったです。急な退職だったので、周りに迷惑をたくさんかけていることも悩みました。幸いなことに理解のある方々ばかりだったので、快く退職を受け入れてもらえたのはよかったです。とうとう水・お茶さえも受け付けなくなり毎日寝て過ごす日々で、家事も一切できなくなり、主人にも実家にも相当迷惑をかけました。一体いつまで続くのか?何か食べられるものはないのか?どうすれば楽になれるのか?とういうことばかり泣きながら考え悩んでました。解決策が見つからないまま、時間だけが過ぎていったこともしんどかったです。つわりに効く漢方薬も私には合わなかったので、ただただ耐えるしかないのかと思って過ごしていました。

 

 

つわりはとても辛いですが、生理痛も辛いものがありますよね。
つわりも生理も人によって重さが異なりますので、辛さは自分にしか分からないことでもあります。
少しでも生理痛を軽減するために、こちらのサイトを参考にしてみてくださいね。→http://irhrjournal.com/entry12.html

 

人気のベルタ葉酸サプリと他のサプリを比較するならこのサイト!

実家に帰り、出来るだけ寝ている。

 

 

 

つわりで苦しんでいる私を見かねて、実家の母が帰ってくるように言ってくれたので帰りました。実家では家事を一切せずに、ほどんどの時間を寝て過ごしていても問題なかったので、ゆっくり休めたと思います。食事も食べてそうなものを作ってくれたり、果物や飲み物を買って来てくれるなど、少しでも口に出来たのは気がまぎれました。また、漢方薬の効かない私に病院の先生がつわりの点滴に通っていいよと言ってくださったので毎日行きました。吐き止めもはいっている点滴だったのでうってもらうと楽になり、その日は吐かずに食べれるようになりました。一人で家で寝ているよりも少しでも話し相手がいてくれたこともよかったです。仕事を辞める時は悩みましたが、結果的に辞めたことでストレスも感じなくなったし、出勤できないプレッシャーもなくなったのでよかったです。無理に出勤していたら、さらにつわりが悪化していたと思います。そして出来るだけ寝ていたことが私の解決方法です。

こんな記事も読まれています